脱毛器ランキング

ケノンを使って安全にVIOゾーンを処理する方法をご紹介。以外に知らないケノンの使い方や痛みを軽減する方法などVIOゾーンの脱毛を効率よく進めるための具体的方法をお伝えしています。

脱毛器ランキング > ケノンを使ったVIOゾーンの脱毛

ケノンを使って安全にVIOゾーンを処理する方法をご紹介。以外に知らないケノンの使い方や痛みを軽減する方法などVIOゾーンの脱毛を効率よく進めるための具体的方法をお伝えしています。

ケノン
ケノン

ケノンで推奨されているのはVラインだけ

ケノンがいくら高性能だからと言って、VIOゾーン全ての範囲の脱毛が推奨されているわけではありません。ケノンで推奨されているアンダーヘア脱毛箇所はVラインのみ。IラインとOラインの脱毛はケノンでは公式に認めてはいないのです。

ここではIラインやOラインの脱毛もご紹介しますが、Vライン以外の箇所を脱毛する場合は注意して脱毛する必要があります。I・Oラインの脱毛を行う際は自己責任ということを承知の上で行なってください。

では、Vラインの脱毛方法からご紹介していきます。Vラインは肌の色も白く、明暗がはっきりするので効率的に脱毛を進めることができると思います。痛みはともないますが、しっかりと冷やすことで痛みを最小限にとどめることも可能。VIOゾーンの脱毛はゆっくり時間をかけて慎重に行なっていきましょう。

Vライン脱毛の事前処理は2、3日前にカミソリで剃って準備しておきます。自分好みの形になるよう大まかに整えておくといいでしょう。脱毛時のコツとしては皮膚の感覚が無くなるくらい肌を冷やしてから光を照射すること。冷やすことで毛の温度も下がり、脱毛効果が落ちるのは難点ですが、痛みを我慢するよりトラブルを避けることが大切です。

Iライン・Oラインの脱毛について

先程もお伝えしたようにケノンは公式にはIライン、Oラインの脱毛は推奨していません。ですが、十分気をつけて行うことでトラブルの可能性を最小限に抑えることができます。I・Oラインの脱毛はあくまでも自己責任の上で行なってください。

I・Oラインの箇所はとても敏感で痛みも強くなりますが、脱毛効果を得るためにはできるだけ高いレベルでの照射が必要です。脱毛直前にしっかり冷やしてからできるかぎり高いレベルでの照射。痛みを我慢できるギリギリのレベルをうまく探しだしてください。しっかりと冷やすことができればデリケートな部分でも痛くないことを実感できると思います。
 
VIOゾーンの脱毛では「しっかり冷やす」ことが上手に脱毛を進めるコツです。

気をつけることとしては

・ボディーシェーバーは使わない
・二度打ちしない
・皮膚の色が濃い箇所は皮膚を伸ばしながら脱毛する

の3つ。ボディーシェーバーは毛の巻き込みの可能性があるので止めておきましょう。トラブルを避けるためにも二度打ちは厳禁。色の濃い部分は皮膚を伸ばすことで脱毛しやすくなります。デリケートゾーンは本当に敏感な箇所ですから細心の注意をはらって脱毛することを心がけてください

I・Oラインの脱毛は効果が現れるまで時間がかかります。時間をかけて辛抱強く脱毛を続けることで徐々にではありますが、効果がでてくるものと思います。あせらず長期的に取り組んでいきましょう。

フィリップスのボディグルーマー

脱毛前の事前処理でカミソリを使って剃るようにとお伝えしましたが、フィリップスのボディグルーマーを使うことで安全に事前処理をすることができます。
 
 

 

このボディグルーマーはヘッド部が小さくプロテクターもあり、VIOゾーンでも安全に毛を処理することができます。しかも0.5ミリの長さでトリミングしてくれるのですぐに脱毛を開始することも可能です。コードレスなので邪魔なものがなく、お風呂場でも使える防水加工なのでシャワーついでの処理も可能。

スキンプロテクターがついているので剃刀の刃が直接肌に触れることはありません。万が一のことがあってはいけない場所なので経済的に余裕のある方はぜひとも購入しておきましょう。二千円ほどで買えるのでカミソリと比べるとコスト的にはお得になるかもしれません。

メニュー