男性ホルモン」タグアーカイブ

男性ホルモンを減らす方法

男性ホルモンとは

男性ホルモンと言っても「男性ホルモン」という名前のホルモンがあるわけではありません。いくつかのホルモンをまとめて男性ホルモンと呼んでいるのです。中でも髭の生え具合に大きく影響を与えているのがテストステロンジヒドロテストステロンという2つのホルモン。テストステロンには身体から生えてくる毛を濃くする働きがあることが分かっています。

身体から生えてくる体毛を濃くする働きがあるのなら、そのテストステロンを減少させれば体毛を薄くすることができると考えるかもしれません。ですがそううまくはいきません。テストステロンは毛の太さだけでなくく性欲や意欲などに関係し、あまりにもテストステロンが少ないと男性型更年期障害を起こしてしまうこともあるそうです。ですのでテストステロンを減少させるのは好ましくないと言うことができるでしょう。

ジヒドロテストステロンを減少させるには

テストステロンを減少させることは好ましくありません。ではジヒドロテストステロンを減少させるのはどうでしょう。ジヒドロテストステロンはテストステロンよりも男らしさに影響を与えるホルモンですが、ジヒドロテストステロンを作り出すには5aリダクターゼとテストステロンが必要。つまり、ジヒドロテストステロンを減少させるためには5aリダクターゼを少なくすればいいのです。

aリダクターゼの生成を抑えるものとして有名なものに大豆イソフラボンノコギリヤシがあります。ノコギリヤシは男性ホルモンが原因とされる前立腺肥大を防止するとして注目されていましたが、後になってジヒドロテストステロンを作り出す5aリダクターゼの働きを抑えることがわかっています。大豆イソフラボンも同じく5aリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることができます。大豆イソフラボンは豆腐や納豆、味噌汁などから摂り入れることができますので食事メニューを工夫してみるといいでしょう。

男性ホルモンを減少させると男性型脱毛症(AGA)にならないかと心配される方もいらっしゃるでしょうが安心してください。ジヒドロテストステロンは髭との関連性は高いですが、薄毛との関連性は低いとされていますので。

5aリダクターゼを抑制する成分としては他にもあるかもしれませんが、私が把握している限りでは大豆イソフラボンとノコギリヤシの2つが最も効果の高い成分だと考えています