使いやすさ」タグアーカイブ

▶使いやすさで選ぶランキング

使いやすさで選ぶ脱毛器ランキング

価格や脱毛力は二の次にして、脱毛器の使いやすさや作業の進めやすさを優先してランキングしてみました。重視したのは照射面積の広さと自動照射での脱毛作業ハンドローブの重さ疲れにくさを重視して順位付けしています。

 

ケノン

ケノンの脱毛カートリッジはラージ(2.0×3.5cm)、エクストララージ(2.5×3.7cm)、ストロング(1.5×3.0cm)の3つ。一番強力なのがストロングカートリッジです。

ケノンのカートリッジは照射光のフチが細く、脱毛中に光の当たる範囲を目視で確認しやすいです。ハンドプローブは最軽量の120グラムで握りやすく、先端がカーブしています。このカーブが肌に当てやすく長時間脱毛しても疲れにくい設計になっています。

肌に密着しないと照射されない安全センサー付きなので安心して脱毛作業を進められます。

レイボーテグランデ

レイボーテグランデの脱毛カートリッジはラージランプ(3.0×4.0cm)、スモールランプの2つ。ラージランプは最大級の照射範囲の広さでカートリッジの照射口のフチが細く、脱毛中に光の当たる範囲を目で確認しやすくなっています。ハンドプローブ部分も握りやすく、重さは300グラムと比較的軽くできています。

0.5秒の高速連射で自動照射のクイックモードを使えばとてもスムーズに脱毛作業を進めていくことができます。

レイボーテRフラッシュ

ランキング3位のレイボーテRフラッシュ以下は上位2製品に比べ照射範囲が多少狭くなります。また、レイボーテRフラッシュの照射口のフチは太くなっており脱毛範囲は目視では見づらくなります。

ランプヘッドは360グラムと少し大きめですが、ローラーの回転で距離を測り等間隔でのフラッシュ照射を可能としました。レイボーテRフラッシュは黒い色にだけ反応する質の良い光、0.2秒のチャージ時間でストレス無く脱毛を進められます

エピレタ(センスエピG)

エピレタは照射口のフチが極端に広く、脱毛範囲が一番見づらいという欠点はありますが、エピレタの良さはコンパクトなハンドプローブ。約6×11センチで220グラムと扱いやすく、全身の脱毛を効率よく行っていくことができます。

右図の「sensor1」は肌の色を感知し、照射を制限する肌色センサー。「sensor2」は肌に密着しないと照射されないタッチセンサーです。

ほぼ同規格の「センスエピG」がありますが、値段、照射回数、光の質についてはエピレタの方がワンランク上といった感じです。

メンズエピルーチェ

メンズピエピルーチェもフチが広く脱毛範囲が確認しにくい脱毛器ですが、ハンドプローブは握りやすく、288グラムと軽いので女性でも疲れず脱毛を進めることができるでしょう。

メンズピエルーチェは照射範囲が3.1cm2、チャージ時間は約1秒で照射回数が150,000発となっています。

ご紹介した5つの脱毛器は値段にはこだわらずランキングしました。10万円以上もする高額脱毛器レイボーテグランデなど購入できないという方には値段も考慮したランキングが知りたいことでしょう。そこで、安さ使いやすさ重視で効果のある脱毛器では値段にもこだわり、「安さ」に加え「安さ」も重視した脱毛器を紹介しています。5万円以下の脱毛器を選んでいますので、家庭用脱毛器にあまりお金を出せないという方には参考になると思います。