脱毛器ランキング

脱毛器選びで気をつけるべきポイントの一つにランニングコストが挙げられます。脱毛器本体の価格だけでなくランニングコストも考慮することで総合的な判断ができるようになります。

脱毛器ランキング > 脱毛器選びにはランニングコストも重要

脱毛器選びで気をつけるべきポイントの一つにランニングコストが挙げられます。脱毛器本体の価格だけでなくランニングコストも考慮することで総合的な判断ができるようになります。

脱毛器ケノン

ランニングコストを計算しよう

家庭用脱毛器は高額です。脱毛器を選ぶ際に値段や機能性は大きな判断材料になりますが、実はランニングコストも重要なのです。家庭用脱毛器の現在の主流はフラッシュ方式です。フラッシュ方式の脱毛器にはカートリッジ交換というランニングコストがかかります。ランニングコストも考えて購入しないと後で後悔することにもなりかねません。

また、照射範囲もランニングコストに関係してきます。一般的に光の照射範囲が広ければ、それだけ少ない回数で脱毛を完了することができます。これに対しては脱毛器の出力も関係してきますが照射範囲が広いとかかる手間も少なくなる傾向があります。

サイトトップでご紹介した脱毛器ランキングの製品の照射範囲、カートリッジの全照射回数をそれぞれ調べてみました。

①ケノン
照射範囲:3.7cm×2.5cm=9.25cm2
全照射回数:約80万発
1ショット当り0.087円

ツーピーエス

照射範囲:3.1cm×2.1cm6.51cm2
全照射回数:約13万2千発
1ショット当り0.377円


③トリア・パーソナルレーザー4X

照射範囲:1cm2
全照射回数:無制限(壊れるまで)

④レイボーテエクストラ

照射範囲:4.95cm2
全照射回数:約15万発
1ショット当り0.526円

⑤エピレタ

照射範囲:3.0cm×0.9cm=2.7cm2
全照射回数:約80万発
1ショット当り0.215円

上記を 購入額÷照射回数 でランニングコストを計算してランキングすると以下のようになります。

①ケノン
0.087円
②エピレタ0.215円
③ツーピーエス0.377円
レイボーテエクストラ0.526円
※トリア・パーソナルレーザー4X

脱毛器自体のパワー、機能・性能にも関係してきますが上記の数字はいちおうの目安とすることはできるでしょう。追加でカートリッジを購入するほど1ショット当りの費用は高くなっていきますが、ケノンは80万発分ものカートリッジがありますので当分は替えのカートリッジは必要ないことと思います。