脱毛器ランキング

値段や照射範囲に関係なく「脱毛効果」にしぼってランキングしています。脱毛力が高くなれば痛みも強くなりますが、それは照射レベルを上げれば痛みが強くなることと同じです。効果を高める脱毛の進め方もご紹介していきます。

脱毛器ランキング > ▶効果で選ぶ脱毛器ランキング

値段や照射範囲に関係なく「脱毛効果」にしぼってランキングしています。脱毛力が高くなれば痛みも強くなりますが、それは照射レベルを上げれば痛みが強くなることと同じです。効果を高める脱毛の進め方もご紹介していきます。

脱毛効果で選ぶ脱毛器ランキング

ここでは「脱毛効果の一点」にしぼり脱毛器をランキングしています。レーザー方式のトリアを使えば高い脱毛効果を期待できますが一度に広い範囲の脱毛はできません。フラッシュ方式でも出力を上げれば脱毛効果を高められますが、高レベルではトラブルの可能性もでてきます。最後に脱毛効果を高める方法をいくつかご紹介しています。
 

脱毛効果を高める方法

脱毛効果を高めるために事前にできることとしては肌の保湿力を高めることです。肌の水分量が高ければ脱毛器の光が毛穴へ届きやすくまります。また、水分量が多ければ脱毛時のダメージにも強くなりますのでトラブルを防ぐ効果もあります。

お肌の水分量は脱毛効果を上げるためには欠かせない要素の一つです。肌が乾燥していると火傷のリスクが高まりますので保湿メンテをして常に水分量を多くするよう心がけましょう。また、紫外線対策をすることも重要です。

脱毛器の脱毛方式は黒い色に反応する仕組みですので肌の色が黒くなることはマイナスです。黒くならないまでも日焼けをしてしまうと脱毛器の光が分散してしまい効果を落としてしまうことになります。脱毛前後は日焼けに気をつけるようにしましょう。

脱毛周期を揃える

脱毛期間中は脱毛器以外での脱毛は中止しましょう。毛には毛周期というものがあり、成長期→後退期→休止期 という流れがありますが、毛を抜いてしまうとその瞬間に毛周期がリセットされてしまいます。ワキの毛周期が5ヶ月から半年。腕や脚の毛周期が3ヶ月から4ヶ月と言われています。月に2回ほどの頻度で脱毛する場合は毛周期を気にする必要はありませんが毛周期が揃っていることにこしたことはありません。毛周期に合わせて脱毛日を自分で調節できるところは家庭用脱毛器の良いところでもあります。

ホルモンバランスに気をつけることも毛周期を整えるためには必要なことです。腕や脚、お腹などのムダ毛は男性ホルモンが活発になると多く生えてくるものです。女性ホルモンが少なくなるとムダ毛が増えてきますのでホルモンバランスを整える必要があります。日頃からストレスのない生活を送ること。睡眠を十分にとり、規則正しい生活をすることがホルモンバランスを崩さないためには必要です。